大昭和紙工産業株式会社は、オリジナルデザインによる紙袋、手提げ袋、パッケージなどのツール制作から印刷まで、トータルパッケージでの販促・ブランディング・マーケティング支援を展開しています。

大昭和紙工産業株式会社

事例紹介・お知らせ

【開発情報】期待の新素材「CNF」を開発

2017/11/07 お知らせ

ペーパースラッジを利用した
セルロースナノファイバー(CNF)の開発に成功

大昭和紙工産業株式会社(本社:静岡県富士市 代表取締役社長:齊藤 了介)は、 家庭紙を抄紙する際に発生するペーパースラッジ※1を利用して セルロースナノファイバー※2(以下CNF)の開発に成功したことをお知らせいたします。

弊社CNFの特徴としましてはカラーティッシュ抄紙時に発生するペーパースラッジを 利用しますので、様々なカラーのCNFが製造可能となっております。

今後は量産に向けCNFの製造技術、供給体制を強化して、様々な分野で活躍できるよう 進めてまいります。

※1通常ペーパースラッジ(PS)は、抄紙時に発生するパルプの微細繊維である為、製品に留まらず排水と共に排出されてしまい、その後脱水処理され、産業廃棄物として処理されます。
※2セルロースナノファイバーはパルプをナノオーダー(1mmの百万分の一)にまでナノ化(微細化)したものです。特徴としては軽量でありながら鉄の5倍以上の強度をもち、ガスバリア性が高いなどです。今後多く分野での活用が期待できるものとなっています。

—————————————————————

【本リリースに関するお問い合わせ】
大昭和紙工産業株式会社 品質管理開発部
担当:齋藤・青柳
Tel:0545-32-1500
info@daishowasiko.com

 

INFO関連情報

ITEM製品・サービス