大昭和紙工産業株式会社は、オリジナルデザインによる紙袋、手提げ袋、パッケージなどのツール制作から印刷まで、トータルパッケージでの販促・ブランディング・マーケティング支援を展開しています。

大昭和紙工産業株式会社

沿革

  • 1940年 11月
  • 資本金18万円にて、昭和商事(株)を設立、和洋紙、紙製品の販売加工を開始
  • 1944年 8月
  • 富士航空機(株)を設立
  • 1949年 2月
  • 商号を静岡紙工(株)に変更、資本金250万円をもって、大型クラフト紙袋の製造を開始
  • 1950年 2月
  • 資本金200万円をもって、大阪市東区平野町に大静興業(株)を設立
  • 1959年 10月
  • 吉原工場を新設
  • 1960年 11月
  • 小型角底紙袋の製造を開始
  • 1961年 6月
  • 北吉原工場を新設
  • 1963年 2月
  • 静岡紙工(株)と大静興業(株)を合併して大静紙工(株)に商号変更し資本金9,300万円に増資
  • 1965年 4月
  • 資本金13,950万円に増資
  • 1965年 8月
  • (株)農産化工研究所(栃木県鹿沼市)を合併し、資本金14,450万円に増資
  • 1966年 1月
  • 大昭和紙工製造(株)に商号変更
  • 1966年 10月
  • 資本金20,000万円に増資
  • 1967年 6月
  • 八日市工場を新設
  • 1968年 1月
  • 秀美堂印刷(株)を合併して王子印刷工場を設置し、印刷部門を新設、資本金20,450万円に増資
  • 1969年 1月
  • 資本金40,000万円に増資
  • 1971年 3月
  • 精工紙器印刷(株)と業務提携し、紙器部門を新設
  • 1971年 11月
  • 加須工場を新設
  • 1974年 11月
  • 鳥栖工場を新設
  • 1976年 12月
  • 家庭紙の販売開始
  • 1978年 12月
  • (株)大昭和技研工業と提携し、加工紙、紙販売、ウィルカッター、紙管各部門を新設し、大昭和紙工産業(株)に商号変更
  • 1982年 4月
  • (株)齊藤商会が大昭和紙工産業(株)、精工紙器印刷(株)、大昭和紙工産業(株)(八日市)の3社を合併し、社名を大昭和紙工産業(株)に変更、資本金6,960万円
  • 1982年 8月
  • 資本金26,960万円に増資
  • 1982年 10月
  • 資本金46,960万円に増資
  • 1987年 4月
  • 岩沼工場を新設
  • 1989年 4月
  • 新潟工場を分離し新潟大昭和紙工(株)を設立
  • 1990年 4月
  • 今井工場を新設
  • 1993年 1月
  • 新加工工場を吉原工場内に増設
    大昭和紙工(香港)有限公司を新設
  • 1995年 10月
  • 沼津片浜工場平判加工所を新設
  • 1995年 12月
  • 中国上海市に上海大昭和紙加工有限公司を新設
  • 1996年 6月
  • 吉原工場今泉分工場を新設
  • 1999年 6月
  • 企画デザイン室を東京本社内に新設
  • 2001年 6月
  • 営業開発部を東京本社内に新設
  • 2003年 3月
  • 観音寺工場を新設
  • 2003年 3月
  • 上海大昭和有限公司を新設
  • 2004年 10月
  • 大昭和紙品(香港)有限公司に商号変更
  • 2006年 9月
  • 中国事業部を東京本社内に新設
  • 2010年 4月
  • 営業開発部を分離し大昭和BOOK&TOY(株)を設立
  • 2013年 1月
  • 天津大昭和紙加工有限公司を新設
  • 2014年 2月
  • 企画デザイン室を大阪支社内に新設
  • 2017年 7月
  • マーケティング室を東京本社内に新設

ITEM製品・サービス