大昭和紙工産業株式会社は、オリジナルデザインによる紙袋、手提げ袋、パッケージなどのツール制作から印刷まで、トータルパッケージでの販促・ブランディング・マーケティング支援を展開しています。

大昭和紙工産業株式会社

事例紹介・お知らせ

【紙化プロジェクト】森林を思いやる資源、紙製品

2019/01/09CSR> 紙で環境対策

皆さんも知っているように、紙は木からできています。紙を作るのは森林破壊。地球に優しくない。などといった話を聞いたことがあるかもしれない。しかし紙という資源は、実は森林の為を思っている資源なのです。

 

木材の半分以上は捨てられる?

下記の図のように、木材は主に「建材として使われる部分」と「チップとして使われる部分」とに分けられることが多くあります。また曲がっている木や、細い木は「建材用」として使われることはなく、全てをチップ用として活用しています。結果、1本の木から「建材用」として使われるのは3割ほどにしか満たない場合もあるようです。このことより紙の主原料である木材チップは森林資源を有効活用して作られている製品といっても過言ではありません。

森林も紙もたいせつに

紙は森林資源を有効活用して生み出されていると言いましたが、ただ伐採をし、紙を作ってばかりでは森林破壊になってしまいます。使い終わった紙製品は古紙として再利用したり、木を大切に育むために植樹や干ばつも大切です。大昭和紙工産業では紙を扱う企業の代表として、地球環境、また人に優しい未来のために持続可能な循環型製品として、紙製品の加工に取り組んでいます。

INFO関連情報

ITEM製品・サービス