大昭和紙工産業株式会社

事例紹介/お知らせ

【製品情報】ポリ袋雨用カバーにサヨナラ!水を弾く紙袋「撥水袋」

紙袋1つで地球環境と労働環境を改善!「撥水袋」

紙加工メーカーから、環境問題解決カンパニーへと舵を切りはじめた私たち大昭和紙工産業は、海洋プラスチックゴミ問題や地球温暖化問題など、自然環境問題を改善する商品として、印刷面に撥水ニスを施した水を弾く紙袋「撥水袋」を開発しました。特殊な撥水加工を施すことで、紙袋の弱点と言われてきた雨天に対応したため、ポリ袋雨用カバーはもう必要ありません。「撥水袋」をお使いいただくことで、雨除けポリ袋の削減による地球環境への配慮や、店舗オペレーションの効率化による職場環境の改善が期待されています。


《メリット1》雨除けポリ袋の削減で地球環境にやさしい

紙袋自体が水を弾くため、雨除け用のポリ袋が不要になります。雨除けポリ袋を削減することで、脱プラスチックによる環境保護対策に繋がります。

《メリット2》店舗オペレーションの効率化で職場環境にやさしい

ポリ袋を在庫する必要がなく、雨の日にポリ袋を紙袋にかぶせる手間を省くことができます。接客時のオペレーションを少しでも減らすことで、職場環境を整えることができます。

《メリット3》急な雨にも対応

午前中は晴れていたから雨除けのポリ袋をかけてもらえず、午後からの雨で紙袋が濡れてしまう。水を弾く紙袋ならそんな心配もなく、急な雨で紙袋がボロボロになってしまうというアクシデントを防ぐことができます。

《メリット4》リーズナブルな価格

紙の表面にポリプロピレンの薄いフィルムを貼る従来のラミネート加工に比べ、価格を1/2に抑えることができます。ラミネート加工で撥水対応をしているお客様にはコスト削減のメリットがあります。

《メリット5》汚れに強くて再利用しやすい

撥水ニスでコーティングされているため、水だけでなく汚れにも強いという特徴があります。汚れにくいため、商品を購入した際にだけでなく、その後サブバッグとしてなど二次利用していただける機会を増やすことが期待できます。

■商品概要

  • 品名:撥水袋
  • 種類:クラフト紙(晒、未晒)

その他詳しいサイズや仕様は別途ご相談ください。


■オススメの環境配慮型製品

脱皮袋

三角コーナーの代わりになる水切り紙袋