大昭和紙工産業株式会社は、オリジナルデザインによる紙袋、手提げ袋、パッケージなどのツール制作から印刷まで、トータルパッケージでの販促・ブランディング・マーケティング支援を展開しています。

大昭和紙工産業株式会社

先輩の声

パッケージ営業部 大塚淳貴

商品の魅力を引き出すだけでなく
とっておきたくなるパッケージを
目指して。

紙手提袋を中心にお客様の商品を外側から彩るパッケージの営業を行っています。既存客への提案営業と案件の進行管理が大半を占めますが、新規客の開拓も行います。決められた予算の中で、商品の魅力を引き出すパッケージの提案や企業のブランド価値を高める紙袋のデザイン提案など、ゼロからモノづくりに携われることが仕事の面白さです。とっておいて二次利用したくなる格好いいパッケージを心がけ、営業活動をしています。

自分が携わった紙袋を
店頭で見かけた時
感動で心が震えました。

入社3年目、自分がデザイン提案をした紙手提袋がお客様の既製品として採用されました。お客様とデザイナーの間に立ち、何度も打合せを重ねて採用されたデザインの紙手提袋には特別な思い入れがあります。結果的に様々なサイズにシリーズ化され、合計4種類採用されました。 お客様の熱が冷めないうちに、とにかくスピーディーにお客様の要望に対応したことが成功の要因だと思います。自分の提案によって、世の中に新たな商品を生み出すことができるこの仕事に大きなやりがいを感じています。

大昭和紙工産業の採用情報

B&T印刷営業部 Y.S

お客様の要望をカタチに
子供たちに素敵な絵本を届けたい。

私の仕事のひとつは、出版社からの「こういう絵本を作ってほしい!」という要望を、カタチにすることです。打ち合せを重ね絵本の仕様とコストが確定した後、デザイン担当と一緒に白サンプルを作成します。作成した白サンプルをもとに形状や細かな仕様を詰めていき、試しの印刷が希望通りに仕上がっているか確認しながら、編集の方や香港の製造スタッフとのやり取りを重ね製品化に至ります。苦労して完成した絵本が店頭に並び、子供たちに読んでもらえると思うとワクワクします。

私の好きなコト
「紙」×「モノづくり」。

大学時代にプロダクトデザインを学んでいたこともあり、何かしらの形で「モノづくり」に携わりたいという夢がありました。就職活動はモノづくりに関われるような会社に絞って行い、大昭和紙工産業に巡りあいました。幼い頃より親しみがあり、様々な可能性を持つ「紙」という素材がもともと好きだったことと、私たちが普段目にしている多くのアイテムに携われるということに強い魅力を感じ、大昭和紙工産業を選びました。就職活動で迷った時は、自分は「何が好きか」書き出してみてください。自分が選んだ会社に「好き」と思える部分が少しでもあれば、入社後もやりがいを持って楽しく働けると思います。

企画デザイン室 池田健人

紙製品の設計、形状提案
切って折って貼って、
何でも作る。

企画デザイン室で主に設計を担当しており、開けやすく使いやすい、そしてインパクトのある紙箱の形状をお客様に提案する仕事をしています。提案するアイテムは幅広く、POPや什器、ポップアップカード、飛び出す絵本のしかけなども手がけています。デパートや駅のお土産コーナー、書店やドラッグストア、テーマパークのグッズコーナーなど様々な場所に自分の作品が並ぶ機会が多く、実際に売れているところを見ると本当にやりがいを感じます。

ハジメテは刺激の連続
飛び出す絵本ついに商品化へ。

入社一年目の冬、4種類の「飛び出す絵本」が商品化されたエピソードをご紹介します。大昭和紙工産業で飛び出す絵本を手がけるのは初、何もかもがゼロからのスタートでした。まずはお客様と絵本のテーマやしかけのアイデアを打ち合わせます。形状提案のために、市販の飛び出す絵本を大量に買い込んでイチから研究、失敗の連続でしたが試作を重ね1ヶ月で計28種類のしかけを考案、その後半年をかけて商品化にこぎつけました。制作プロセスはもちろん、製造を行う中国の工場視察など、商品化までにはいくつものハジメテを経験しました。正直大変でしたが、新しい挑戦は楽しく刺激的で、次に繋がる経験ができ、今の仕事に活きています。

大昭和紙工産業の採用情報

エントリーはこちらから
社員一同お待ちしています

大昭和紙工産業では、共に喜びを共有できる仲間を募集しています。「誠実力(常に真摯に取り組む人)」「努力(挑戦を恐れず努力を怠らない人)」「活力(バイタリティ溢れる人)」「想像力(世の中にない新しい価値を創り出す人)」「対話力(コミュニケーションを大事にしニーズを引き出す人)」この5つの力をバランスよく発揮できる人をお待ちしております。

「リクナビ」で詳しく見る >

ITEM製品・サービス