大昭和紙工産業株式会社

事例紹介/お知らせ

【環境対策】世間の反応は?レジ袋有料義務化開始

2020/07/14 紙で環境対策
レジ袋有料義務化開始

満を持したレジ袋有料化 実施後の反応

2020年7月1日、日本全国でレジ袋の有料義務化が開始されました。有料義務化が発表されてから、様々な意見が小売業の各業界やメーカー各社からも出ていた中、ようやくの開始となりました。最も身近な使い捨てプラスチック製品の一つであるレジ袋を有料化することで、消費者の環境意識を変えることが目的ですが、開始後の世の中の反応はどういったものだったのでしょうか。


今回は、環境問題に詳しい先輩営業大昭和えこさんのレクチャーで、熱血新入社員紙化はじめくんと一緒にレジ袋有料義務化開始後の世の中の反応を見ていきましょう!

 

 

有料化実施の様子

えこ|ついにレジ袋の有料義務化が開始されたね!開始後の町の様子はどうかな?

 

はじめ|有料義務化前もそうでしたが、コンビニやスーパーでは「レジ袋は有料になりました」や「レジ袋の無料配布は終了しました」と大きく掲示して、有料義務化の周知を強化していますね。

 

えこ|よく見ているね!レジでお会計をするときも「レジ袋は有料になりますがお使いになりますか?」や「マイバッグはお持ちですか?」といった声を聞くようになったね。スーパーでは既におなじみになりつつあったけど、コンビニで聞かれるのは新しい習慣だね!

 

はじめ|そうですね!ほかの業界では有料化の状況はどうなんでしょうか?

 

えこ|牛丼チェーン店や回転ずし、ファミリーレストランのテイクアウトなどでは、バイオマスプラスチックを25%以上含んでいるポリ袋を使って無償提供しているところが多いみたいだね。もともと紙袋を使っている印象が強いアパレル各社は、多くが紙袋を使用しているけど中にはプラスチック製の袋を提供している会社もあって、その場合はやはりバイオマスプラスチックを25%以上配合して環境配慮をアピールしているよ。

 

はじめ|バイオマスプラスチックを25%以上配合していれば有料化の対象外で無料配布できますからね!

 

えこ|コンビニやスーパーでは袋の大きさによって3円~5円ほどで有料提供されているところが多いようだね。大手コンビニ各社はバイオマスプラスチックを30%配合したポリ袋を提供しているけど有料提供をしているよ。

 

はじめ|業界によって対応は様々ですね。コンビニのセルフレジでは、お客さんが自分でレジ袋を会計できるようにレジ袋自体にバーコードを付けているところもありました!


消費者の行動

はじめ|有料義務化実施後の消費者の行動はどうなんでしょうか?

 

えこ|有料義務化が開始された7月1日に行われたアンケートでは、その日に買い物をした消費者の62.7%がマイバッグを使って商品を持ち帰ったという結果が出ているよ。手持ちのカバンに入れたり、むき出しで手に持ってお店を出る人も多いようで、プラスチック製のレジ袋を買った消費者は8.6%にとどまっているね。(※1)

 

はじめ|前回教えてもらったスーパーのエコバッグやマイバッグの使用率は81%でしたよね?それと比べるとマイバッグを使って商品を持ち帰った消費者が少ないですね…(※2)

 

えこ|今回のアンケートは、スーパーやコンビニの業界にかかわらず取られたものなの。スーパーでのエコバッグやマイバッグの使用率に比べて、外食のテイクアウト用やコンビニなど、ほかの業界でのエコバッグやマイバッグの使用率が少ないと予想できるね。それによって全体的なエコバッグやマイバッグの使用率が下がっていると考えられるわ。

 

はじめ|なるほど。確かにふらっと立ち寄ることの多いコンビニや、お弁当屋さんにマイバッグを持っていくことはまだ浸透していないかもしれないですね。

 

えこ|そうだね。コンビニやテイクアウトにはまだレジ袋の需要は残りそうだね。そういったエコバッグやマイバッグに替わり切らない部分に紙袋を使ってもらって、環境配慮を促進させたいね!

 

有料化には賛成?反対?

はじめ|有料化の負担がかかる消費者の意見はどうなんでしょう?やはり有料化反対が多いのでしょうか?

 

えこ|実は有料化に関してはポジティブな意見が多いの。有料義務化の取り組みに対して67.9%の消費者が良い取り組みとして賛同している結果が出ているよ。「環境問題の解決につながるなら多少の負担は仕方がない」という意見が多く、ある程度消費者の理解を得られているようだね。

 

はじめ|みんな環境問題は重要な問題として捉えているんですね。せっかく有料で買っていただくなら、価格に見合った袋を提供したいですね!

 

えこ|そうだね。私たち大昭和紙工産業は、より環境への配慮をアピールできる紙袋を提供することで有料化の負担をする消費者の満足度を上げていきたいね!紙袋はしっかりした底があって汁気のあるお弁当も安定して運べるし、テイクアウトやコンビニでのお買い物にピッタリだよね。環境配慮に加えて紙袋ならではの使い勝手の良さをアピールしていこう!

 

はじめ|もらった紙袋をサブバッグとして持ち歩いて、汚れたら次の紙袋に切り替える、衛生的な使い方も根付かせたいです!ごみ袋としてのリユースだけじゃなく、持ち歩く紙袋をファッション感覚で選ぶ文化を作りたいですね!(※2)

 

 

※1株式会社リサーチ・アンド・イノベーションによるリリース

※2エコを始めよう-第8話- エコバッグの魅力と落とし穴

 

◇◇◇ 「エコを始めよう」バックナンバー ◇◇◇